介護福祉士 就職ナビ

受験について

資格を取ろう

介護の仕事は、別に介護福祉士みたいな福祉に関する資格がなくても働けます。しかし、介護保険の導入であったり、法律の改正もあったりする中で、専門的に介護の仕事がしたいのであれば、やはり介護福祉士は取得すべき資格であることは間違いないと思います。

介護の仕事は、基本的には厳しいし、何よりもお年寄りの世話などの、非常に高い責任感を持って仕事をする必要があります。専門学校での勉強にしても、2年間くらい勉強しないと資格は取得できないとされています。

介護の仕事は、別に資格はなくてもいいわけですが、より専門的な介護サービスを提供することが出来ることを覚えておくといいでしょう。実際、仕事が始まってみると、必ず資格が必要になるときが来るでしょうし、持っていないと損をするなと思うこともあると思います。

資格を取得しないで介護の仕事をしている人は、自分の技術や知識が足りないと思ったときに介護福祉士の資格の取得を考えてみるといいのではないでしょうか。介護福祉士の資格を持っていることで、資格手当てのようなものも付く可能性もあります。介護の仕事しようと考えているのであれば、介護福祉士の資格はぜひとも取得しておいて欲しいところですね。

最初は必要がないと思うかもしれませんが、必ず必要になるときが来ると思います。資格の取得はすぐに出来るようなものではありませんので、思ったそのときにすぐにでも勉強をスタートさせるといいかと思います。