介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

介護福祉士とは

介護福祉士とは、どういったものなのでしょうか。一言で言うと、介護の専門家です。世病気の人や、お年寄りの場合、日常生活において何かと支障が出るものです。そのときに、生活の手助けをしたり、介護の指導を家族に対してするのが介護福祉士です。

この資格は、介護保険が施行されてからは、需要がますます高まっています。高齢化社会が進むといわれている世の中では、人気が出ても当たり前の資格といえるでしょう。この介護福祉士、ホームヘルパーとはどういった違いがあるのでしょうか。実は、かなり違いがあるといれています。まず、一つは介護福祉士は国家資格という点です。

ホームヘルパーは民間資格なので、一定期間の実習や講義を受けることで、大体資格を取ることができるのです。しかし、国家資格である介護福祉士は、なるためには国家試験をパスする必要があるのです。

そして、国家試験を受験するためには、一定期間介護業務をこなした上で、学科試験をうけなくてはなりません。仮に学科試験に合格したとしても、実技試験に合格しなければ意味がありません。ですので、知識と実技の専門的な知識が問われるわけです。しかし、この資格はものすごく難易度が高いというわけでもなく、しっかりと勉強すれば合格することは可能です。

介護福祉士の上の資格として、介護支援専門員という資格を受験することも出来るようになります。もちろん、介護現場での活躍が出来ますので、取得して絶対に損はない資格といえるでしょう。