介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

仕事内容について

介護福祉士の仕事内容について説明していきます。まず、介護といったら、一般的にはお年寄りの日常生活における世話が想像できます。当然、これが最もメインの仕事になると思われます。高齢者施設で働く場合や、訪問介護といったホームヘルパーのような仕事をするケースもあります。

なので、介護福祉士の資格を取得することで、どういった現場で働くことになるか、少しは頭に入れておいたほうがいいと思います。日常生活の世話については、食事から入浴、排泄といった身体介護、それから買い物や食事作りといった家事手伝いが含まれます。

それから、介護を受けている本人、家族から相談を受けることもあります。介護保険施行の後は、法律関係の知識も持ち合わせていないといけなくなりました。単純にお年寄りの世話をすればいいという仕事ではないわけです。

そして、看護師、ケアマネージャーといった職種との連携も大事になってきます。介護を必要とする本人に最も深い存在が介護福祉士になるわけですから、介護を受ける人がしっかりと自分らしく生きれるためにも、情報は隠すことなく提供していかないといけません。

以前は、介護福祉士の資格を持っていても、仕事内容が変わらないことが多かったと思いますが、最近では介護福祉士の資格を持っている人と持っていない人とでは、就職率が違ってくるようです。仕事内容としては、世話好きでそれを仕事に出来る人に向いている仕事だと思います。仕事のためにも取得を考えてもいい職業だと思います。