介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

需要について

介護福祉士は、介護のプロと呼ばれていますが、最近ではこの介護福祉士の資格を持っている人の採用を積極的に行っている職場も多いです。なので、介護の仕事を希望するなら、資格を取得することをお勧めします。

介護の仕事は、実はかなりハードであることで知られています。夜勤もありますし、変則的な労働時間になりますので、当然体力が必要になります。その割に給料はそれほどよくはありません。

なので、介護福祉士の資格を持っていれば、仕事に対してのプロ意識が生まれますし、業務に対してやりがいをもって行うことが出来るわけです。介護の仕事に就くのであれば、あったほうがよい資格です。なぜなら、介護福祉士の資格があったほうが待遇面からしても優遇されるからです。

介護福祉士の需要についてですが、現在は高齢者の数が増えていることもあって、どの職場でも本当に欲しがられているのです。ただ、あまりにも人手が不足しているというところは、無資格の人でも採用しているというところがあります。介護福祉士の資格がなくても介護の仕事は可能です。

それであれば介護福祉士の資格は要らないと思われるかもしれませんが、介護を必要としている人に対して何の知識も持たない状態で接するのは不安になってしまうかもしれません。雇うほうとしたら、出来るだけ資格を持っているレベルの高い人を採用したいと思います。なので、自分をアピールするのであれば、介護福祉士の資格を取得しておくのがいいと思われます。