介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

就職への影響

介護福祉士の資格を持っている人は、高齢者施設において積極的に採用される傾向があるようです。施設の側としては、資格を持っていれば即戦力になるので、安心して雇うわけですね。そもそも、どの資格でも持っている人は、専門の仕事において優遇されますよね。

また、介護福祉士を何人雇用しているかによって補助が出る仕組みになっています。なので、出来るだけ介護福祉士の採用をしようとしているわけです。しかし、施設などで働きたいと思ったときに、介護福祉士の資格がないといけないわけではありません。

別に資格がなくても、実務経験を重ねて、勉強もしたうえで介護福祉士の試験に挑戦した上で合格して、資格を手にしている人もいるのです。ちなみに、一度施設で働き始めてしまえば、資格を持っている人と、持っていない人の業務については特に違いはないとされています。

しかし、資格手当てなどもない施設もありますし、介護福祉士の尊重がされていないところもあったりします。給与面についても、ほかの職種と比べると低い場合が多いです。なので、最初からそれを理解しておくか、介護福祉士という資格を自分で高めていくことが重要になります。

この資格は、取得して終わりではなくて、取得してからが始まりといってもいいかもしれません。言ってみれば、常にスキルアップを求められるものになっています。環境の整った職場で働きたいのであれば、しっかりと自分を高めていくことが大切だと思います。