介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

職場について

介護福祉士が勤める職場にはどのようなところがあるのでしょうか。まずは、高齢者施設、社会福祉施設、そして障害者施設といったものがあります。介護福祉士といったら、介護老人福祉施設を思い浮かべるかもしれません。

特別養護老人ホームなどの入所施設が介護老人福祉施設です。この施設で行うことは、お年寄りに対して食事、入浴、そして排泄といった介助をすることになります。福祉施設には、社会福祉協議会、地方自治体の福祉事務所などがあります。そこで、地域との連携などを図るのが主な仕事になります。

福祉施設においては、サービスの提供計画を立てて、家族との連携を図ることが多いです。実際の介護よりもその比率は高いといわれていますので、もしも介護業務がしたいのであれば、職場を変えたほうがいいでしょう。

介護保険の導入後、介護福祉士の専門性はとても重要なものとなりました。また、この仕事には法律の知識も必要とされます。介護福祉士の資格を取得することで、介護支援専門員への道も広がるので、取得して損のない資格といえるでしょう。

ただし、活躍のためにはそれなりに知識が必要になりますし、介護保険に関する最低限の知識は介護支援専門員でなくても、持っていなければいけないです。例えば、実際の介護をすればいいだけと思っていても、家族からの質問に対して答えられないようでは話になりませんよね。しっかりと、介護福祉士としての自分の知識を広げていけるようにしましょう。