介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士の基礎知識

年収について

介護福祉士の年収は一体どれくらいなのでしょうか。これは、実際のところあまりいいことはないと言われています。普通の仕事と比べても内容がきついのにです。大体の年収の具体的な数字は、平均すると300万円から350万円くらいでしょうか。

これでも、職場によってかなり異なってくるとのことです。夜間業務が多ければそれなりに稼げるとのことですが、何しろ人が少ないこともあるので、夜間は激務と言われています。

また、管理職なら、夜勤業務が少ない場合でも給料は高くなるのですが、休みはほとんど取れない環境になるようです。ちなみに、もしも介護福祉士の資格がない場合、給料は更に低くなってしまいます。なので、介護の仕事を続けるのであれば、出来れば介護福祉士は取得しておきたい資格になります。

そして、介護福祉の資格ならホームヘルパーでもいいのでは、と思うかもしれませんが、これは民間資格なので、いつ消滅するか分かりません。対して、介護福祉士であれば国家資格ですから、取得しておけば消滅してしまうことはありません。この介護福祉士を使う仕事は、給料は安いのは事実なのですが、それ以上にやりがいが非常に大きな仕事と言われています。

中身は本当に大変でも、介護しているお年寄りなどの笑顔を見ると、疲れがどこかに行ってしまうというくらいです。これからは、介護福祉士の出番も増えていくことですから、この待遇面に関しては今後の改善を期待したいものですね。