介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士Q&A

何が有利になるか

介護福祉士の資格を取ると、いったい何が有利になるかを考えたことはあるでしょうか。これは大体就職を有利にするためにとられていると言われています。実際、最近の状況を考えてみると、介護福祉士のような国家資格を持っていると就職には非常に有利ですね。

特に、最近は本当に不景気なので、介護福祉士のような国家資格を持っていれば就職に有利に働くことは間違いないでしょう。しかし、介護福祉士の資格を取ることを、単純に就職に対して有利にしたいから取得するという考えを持っているなら、あまりお勧めはしません。

介護福祉士は、単に介護の仕事をしたいだけならば、必要はないのです。介護の仕事に対してのプロ意識を持っているならば取得したらいいと思います。中には、給料を浴したいがために介護福祉士の資格を取る人もいますが、せっかく介護福祉士の資格を取ることで専門的な知識を身につけるなら、それを十分に発揮するべきだと思います。

現状を考えると、介護福祉士の立場はあまりいいものだとはいえませんし、いつか待遇は改善されるだろうと思っていたら、いつまで経ってもそのままです。就職に対して有利だから介護福祉士の資格を取得するのではなく、介護福祉士そのものの価値を高めるためのひとつの手段として、資格を取得して欲しいと思います。

とはいえ、目的は人それぞれにあると思いますので、強制はしませんが、試験の規定改定もありますし、資格が欲しいのであれば、早めの取得をお勧めします。