介護福祉士 就職ナビ

介護福祉士Q&A

試験は難しいか

介護福祉士の試験は難しいか、と聞かれるのであれば、ちょっと難しいと答えることになるでしょうか。初めて勉強する人はともかく、既に介護の仕事をしている場合、介護の技術における基本的な部分は自己流になっていることが多いからです。

介護福祉士の学科試験にしても、基本に忠実な問題がたくさん出題されます。なので、経験の長い人はなおさら新しいことを覚えられないということになるのです。実際、覚えないといけないのにそれをしようとしないのは話になりません。

介護福祉士というのは、介護のプロといっても過言ではありません。プロは、自分の仕事の対価として給料を貰います。ですので、無資格の人との仕事が同じになってはいけないのです。もちろんですが、資格手当てがない職場もあります。この場合、介護福祉士の資格があってもなくても給料は変わらないことになります。

もしもそのような状況で介護福祉士になっても仕方ない、勉強しても仕方ないと思うのであれば、受験しなければいいだけの話です。介護の仕事をしているのであれば、自分の知識や自信のためにも、何らかの資格はあっていいものだと思います。

国家資格ということもありますし、簡単に取得できるものでもありませんから、なおのことだと思います。介護福祉士の試験はちょっと難しいと書きましたが、勉強は大変です。しかし、それが最終的に自分をレベルアップさせてくれると思えば、難しくても頑張れるのではないかと思います。