介護福祉士 就職ナビ

試験勉強について

介護技術

介護の世界で働いている人にとって、介護技術は介護福祉士の試験の中では、難関分野になるかもしれませんね。これは、実際に働いていることから、最も得意分野ではないかと思われそうです。しかし、実際にはそうではないのです。

介護福祉士の試験には、介護技術の基本を中心とした問題が出ます。なので、どれだけ忠実な介護が現在の職場で出来ているかが鍵になってくるのです。長く介護の仕事をしていると、どうしても基本に対して忠実な介護というよりも、自己流の介護になってきて、基本を飛ばしてしまいがちですよね。

そこで、基本問題が出てくると、頭の中が混乱してしまうことになるのです。実際、自分の介護技術に自信があったとしても、実際介護福祉士の試験問題として出題されたら全くわからない、と思う人もいることでしょう。日々の業務に追われていると、どうしても基本どおりというわけにもいかず、スピードが優先されているところもあるでしょう。

そこで、介護技術を勉強するときは、介護福祉士の試験問題として勉強するのでなく、自身のスキルアップをするためだと思って勉強するといいでしょう。それから、介護福祉士の試験では、介護概論などもあわせて出題されることがありますので、そういった分野の勉強も一緒にしておくといいのではないかと思います。

介護には欠かせない、食事や入浴、排泄といったものの基本をしっかりと勉強することがポイントになっています。少し意識をすることで、仕事中にも勉強できるのではないでしょうか。