介護福祉士 就職ナビ

試験勉強について

社会福祉概論

介護福祉士の試験科目には、社会福祉概論があります。これは、介護福祉法をはじめとして、介護保険法、障害者自立支援法といった法律関係の出題が多いのですが、問題数は、老人福祉論と並んで多くなっている分野です。

そのなかでも、介護福祉士法は、条文や内容をよく理解しておかないといけないくらいに出題される傾向が強いものです。介護福祉法については、介護福祉士の試験なのですから、出題される傾向が高いのも納得は出来ますね。

また社会福祉という法律が整った年代や言葉の歴史についてもよく出題されているようなので、問題集などに載っている内容についてはよく覚えておくようにしましょう。ちなみに、この社会福祉概論という言葉が難しそうですし、試験問題の文章についても、難しい言葉が多いですし、読むのもしんどいと思ってしまいがちです。

しかし、問題文を落ち着いて読んでみると、ちょっと考えたらわかるようなことだったり、当然のことだったりすることもあります。単に文章が難しいからといって、問題も難しいと思ってはいけません。社会福祉概論は、介護福祉士試験の問題集を数たくさんこなすことで、出題傾向などの研究もするといいでしょう。

どの科目もそうなのですが、やはり問題集を数できるだけたくさん解いて、実技試験を受けられるように頑張ってみるといいのではないかと思いますね。もちろん、教科書を読むよりも、実際の問題に挑戦することもいいことだと思いますよ。