介護福祉士 就職ナビ

試験勉強について

老人福祉論

老人福祉論というものが、介護福祉士の試験科目にあるのですが、介護福祉士の試験の中でも範囲が広くて、法律関係の問題の出題もありますので、苦手だという人も多いです。介護保険意冠する問題も毎年出題されることによって、勉強の範囲がとても広くなったことにより、覚えることも多くなってしまいました。

しかし、介護保険、高齢者医療に関する制度の見直しは常に行われています。なので、新しい情報は常に頭に入れておくべきです。介護福祉士は、介護のことだけ知っていればいいものではありません。

高齢者に関すること、生活環境に関することまで出題されます。なので、老人福祉論に関しては、介護保険を中心に提供されるサービスなどを覚えておくといいでしょう。介護保険に関しては、介護の仕事をするのであれば、必要になってくる知識ですから、普段から勉強しておいてもいいでしょう。

また、正確な数値などを求める問題は、最近の法律の見直しから考えても可能性は低くなっているため、はずしてもいいかもしれません。介護福祉士の受験科目としては、範囲が広い分野なので、たくさん問題を解いていくことが重要になってきます。

老人福祉論というと、何だか難しいそうということで、避けてしまう人もいるかもしれませんが、主に出題は介護保険からが中心になっていますので、それにターゲットを絞ってあげれば大丈夫だと思います。それ以外には、とにかく浅く広くで出題されそうなところを覚えておくようにするといいかもしれません。