介護福祉士 就職ナビ

試験勉強について

勉強のポイント

介護福祉士の試験勉強は、問題集をいかに活用するかどうかが合格のポイントになってきます。当然教科書を使うことも大切ですが、試験となってくると、いかに効率よく勉強して内容を覚えるかが大切になります。

実際、内容を覚えたりするだけのものであれば、教科書を使ってひとつずつ覚えていけばいいのですが、試験のための勉強となったら、試験までの時間もありますし、そのようにのんびりしている時間がないわけです。

なので、教科書はあまり使わずに、問題集を解いて実践に慣れていきながら、どのような分野から問題が出題されているのかどうかを確認しながら勉強を進めていけばいいのです。もしも一人で勉強するのは不安だという人がいれば、それは介護福祉士を受験する予定の人たちで問題の出し合いをするといいかと思います。

教科書にしても問題集にしても、複数そろえようと思ったら結構な金額になりますので、たくさん揃えるのは難しいと思いますので、何人かで出し合いをするといいでしょう。また、これまでの試験の過去問題に挑戦することも、試験の傾向を掴む上で重要なことだと思います。

もしも問題集を複数購入しようと思ったなら、まずは一冊を完全に終えた時点で次の一冊を購入するようにしましょう。まとめて購入すると、どうしても何もしていないのに安心感と満足感が出てきてしまうからです。また、自分の実力を知りたいのであれば、介護福祉士の模擬試験に挑戦してもいいのではないかと思います。