介護福祉士 就職ナビ

試験勉強について

まとめ

介護福祉士の試験科目をいくつか紹介してみました。これ以外にもたくさんの科目があるわけですが、これら全てに共通することといったら、とにかくたくさんの問題を解くことにあります。介護福祉士の過去の試験問題を解くことでも、問題の出題傾向を把握することが出来ます。

また、過去の問題集の選び方として、解答と一緒に考え方も載っているものを探すといいでしょう。それならば、答えを丸暗記するだけで終わらず、問題について理解をしながら勉強することが出来るでしょう。

教科書については、問題を解いたときに、中身がいまいちよく分からないというときに活用するようにしましょう。文章を単純に読むよりも、そうなるのは何故かを探しながら読むようにすると、意外にも覚えられるものだと思います。それから、試験を受けるときには、体調管理をしっかりとしておくようにしましょう。

勉強を頑張っていたとしても、肝心なときに体調を崩してしまったら、試験の成績に関わってきますし、忘れものも出るかもしれません。なので、前日はしっかりと寝て、余裕を持って試験を受けられるようにしましょう。

ぎりぎりまで勉強することもいいかもしれませんが、それ以上に精神的に余裕を持って試験勉強のスケジュールを立てて、合格に向かって勉強できるようにするといいでしょう。必ずやった分の努力は報われると思いますし、合格することで介護福祉士の資格を得ることが出来ますから、自分自身に対しての自信もつくと思いますよ。